夏バテにおすすめ食材【夏バテ解消レシピ付き】

9月になりましたが、厳しい残暑が続いています。
8月から連日続く暑さによって、倦怠感や疲労感を感じたり、また食欲が落ちたりしていませんか?
ずっと続く暑さから「夏バテ」の症状がでていませんか?

 

夏バテとは?

気温が高く、また湿度も高い日が続く夏の季節によって生じる疲労感、倦怠感、脱力感、食欲不振、不眠などの体調不良をまとめて夏バテと呼ばれています。医学的な定義は特にないそうです。

夏バテは、自律神経の乱れを引き起こすことが原因と考えられています。自律神経が乱れる原因として室内と屋外の気温差や発汗がうまくできずに、カラダに熱がこもったり、暑くてぐっすりと眠ることができずにおこる睡眠不足などと言われています。

 

夏バテにおすすめ食材

食欲不信も夏バテの症状の一つですが、食欲がないからと、冷たいものや喉ごしが良いものばかり食べていると栄養バランスが偏り、体に様々な不調が出てきてしまう可能性が高くなります。たくさんの量を食べることができなくても、質の良い食材をバランスよく食べるようにしましょう。

夏バテにおすすめの食材をご紹介します。これらの食材をうまく使い、ぜひ料理を作ってみてください。

 

・うなぎ

ウナギは、栄養価が豊富でビタミンA、B1、B2、D、E、DHA、EPA、鉄、亜鉛、カルシウムなど体に必要な栄養素が多く含まれており疲労回復や滋養によいと言われています。特にビタミンB1は「疲労回復ビタミン」とも呼ばれ糖質がエネルギーに変わるのを助け疲労回復を促してくれると言われています。

 

・豚肉

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれおり、牛肉の約10倍のビタミンB1を含んでいると言われています。
ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」とも呼ばれ糖質がエネルギーに変わるのを助け疲労回復を促してくれると言われています。

 

・梅干し

発汗によってナトリウムやカリウムが失われていきます。梅は、カリウムを豊富に含まれており、ミネラルバランスを保つ働きがあります。
また、クエン酸、リンゴ酸、ピクリン酸といった有機酸を含んでおり、特にクエン酸は食欲を増進させ、代謝をアップさせ疲労を回復する効果があると言われています。梅干しの酸味によって胃液の分泌を促し、食欲不振の解消にもなるとも言われています。

 

・トマト

発汗によってナトリウムやカリウムが失われていきます。トマトはカリウムが豊富に含まれており、ミネラルバランスを保つ働きがあります。
カリウムは、体内の余分な水分を尿として排泄する「利尿作用」があり、また、身体にたまった熱も逃がす作用があるために体温調節を促すことができると言われていますので夏におすすめの食材です。

また、トマトにはクエン酸が含まれており、クエン酸は食欲を増進させ、代謝をアップさせ疲労を回復する効果があると言われています。

とまと

 

・ナス

発汗によってナトリウムやカリウムが失われていきます。ナスはカリウムが豊富に含まれており、ミネラルバランスを保つ働きがあります。
カリウムは、体内の余分な水分を尿として排泄する「利尿作用」があり、また、身体にたまった熱も逃がす作用があるために体温調節を促すことができると言われていますので夏におすすめの食材です。

また、なすの皮には抗酸化力が強いポリフェノールの一種である「ナスニン」を含んでいます。
強い紫外線によって体内に発生する活性酸をポリフェノールが除去をしてくれると言われています。

 

 

これらはほんの一部です。上記だけを食べるとよいということではありません。
卵、肉、魚、牛乳などに含まれているたんぱく質、野菜や果物などに含まれているビタミン、野菜や海藻に含まれるミネラルをバランスよくとるようにしましょう。自炊することが大変な場合は、コンビニなどにもさまざまなお惣菜が販売されています。お惣菜をバランスよく購入されるとよいかと思います。

 

また、食事・運動・睡眠のバランスを整えることが夏バテ解消、予防につながります。夏バテ気味だなと感じたら、食事は一日3回規則正しく食べ、暑くて運動するのがつらい時期ではありますが、水分補給を行ないながら適度な運動を行い、夜にはシャワーではなく湯船にお湯をはり入浴でリラックスし、エアコンを上手に使い寝室の環境を整え、睡眠をとるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

夏バテにおすすめレシピ

夏バテにおすすめ食材の「豚肉」と「ナス」を使ったレシピです。またピリリとしびれるような刺激がある「花椒」がより食欲をそそります。ごはんのおかずにも、ビールやハイボールなどのおつまみにもおすすめです。

【薬膳レシピ】豚肉とナスの花椒炒めサラダ盛り
豚肉とナスの花椒炒めサラダ盛り

豚肉とナスの花椒炒めサラダ盛り

豚肉とナスの花椒炒めサラダ盛りのレシピはこちら>>
コラム担当:島崎 恵(栄養士・野菜ソムリエ)

「食」の基本となる畑の土づくりに関わったことがきっかけで、その数多くの食品サイト運営に関わるようになりました。様々な食品に接することで「食」についてより深く考えるようになり、「食」の大切さも改めて実感しています。薬膳食材を使って、手軽に作ることができるレシピ開発に努めています。