入浴時間に美容力アップ

今日は冬至です。太陽がでている時間が一年の中でもっとも短い日です。明日からはまた少しづつ日の出が早くなり、日の入りが遅くなってきます。冬至の日には無病息災を願う昔からの伝統行事である「柚子湯」にゆっくり浸りませんか?冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えや「桃栗3年、柿8年、梅はすいすい13年、柚子は大バカ18年」という言葉があるように柚子は種から育てると実がなるまでに長い期間がかかるので、「長年の苦労が実りますように」との願いも込めて冬至の日にはゆず湯に入るようになったと言われています。

 

12月のこの時期は何かと忙しく、また、寒さも厳しくなっていきますので寒く冷えた身体を温め、そして一日の疲れをとるためにも、夜には湯船にしっかりとつかることをおすすめします。湯船につかる入浴時間は美容力アップにとっても大切な時間です。今回は疲れをとると共に美肌力アップを目指すための入浴方法をご紹介します。

 

 

入浴することで期待できる効果

仕事や家事を終えて、夜に温かいお風呂につかることにより身体と心がリラックスできます。お風呂につかることで期待できる効果をご紹介します。

 

温熱作用

体温よりも高い温度のお湯に浸かることで、温熱により熱を発散させるため、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、身体の末端まで血液が流れ込み血管が広がることで血流がよくなります。血流がよくなることで、新陳代謝も高まりますので、体内の老廃物の排泄を促し、むくみやコリなどの軽減、疲労回復、筋肉の柔軟性を高める効果などが期待できます。また、身体が温まることのより、毛穴が開き、汗がでますが、汗と一緒に汚れや古い皮脂も流されるので肌にとってもよい影響があります。また、温熱により交感神経の緊張が緩むことでリラックス効果をはじめとして、自律神経をコントロールする作用もあると言われています。

 

水圧作用

お湯に浸かっている部分には水圧がかかります。水圧がかかることにより血流やリンパの流れがよくなります。水圧が腹部にかかると横隔膜を押し上げるために、肺の容量が減少し、空気を補うために呼吸の回数が自然に増えます。そのことで心肺機能が向上するとも言われています。また、足には全血液量の1/3が集まっていると言われています。この血液が心臓まで上がりにくくなることが、むくみの原因などになったりしていますが、入浴することにより水圧で、血液が心臓に向かって押し上げられますので、下肢の静脈の流れが良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になることでむくみなどの解消にもつながると言われています。

 

浮力作用

水の中では浮力があり自然と体が浮きます。湯船につかっている際にもこの浮力は働いており、普段体重を支えている筋肉、骨、関節などの各パーツへの負担が軽減され、身体が軽くなります。身体が軽くなることによりリラックス状態になると言われています。リラックス状態になることで自律神経が整うとも言われています。

 

 

美容力アップをめざすための入浴方法

入浴することで期待できる効果をお伝えしましたが、お風呂の入り方次第で、より美容力アップを目指すこともできます。これからの時期は特に乾燥が気になりますので、乾燥肌を予防し美容力アップを目指すための入浴方法をご紹介します。

 

お湯の温度に注意

お風呂温度は、38~40度くらいまでが、肌によい温度と言われています。40度以上の高温に入浴すると、皮脂やセラミド、天然保湿因子(NMF)などが必要以上に失われ、角質を剥がしてしまうと言われています。また高温での入浴は、心臓にも負担が大きくなりますので、適温での入浴をおすすめします。

 

湯船につかる時間に注意

長時間お風呂に入ることがベストと思われがちですが、長くお風呂に浸かっていると指などがしわしわになるのを感じるかと思います。長時間お湯につかることによって肌の保湿成分が失われていきます。15分位が最適な時間と言われています。

 

体の洗い方にも注意

ナイロンタオルなどでゴシゴシしていませんか?お顔と同じようにごしごしとナイロンタオルなどを使って洗うことで肌には大きなダメージを与えます。お顔は洗顔料を泡立てて優しく洗うように、身体も泡で優しく洗うようにしましょう。

 

入浴後は保湿タイム

美肌にとって大切なことは保湿です。お顔を保湿すると同じように手や足などの身体にも乳液やボディークリームなどを優しく塗り保湿を行なうようにしましょう。このひと手間が美肌への第一歩です。

 

 

入浴する際に、様々な入浴剤を入れることがあると思います。薬膳も天然の入浴剤としてよく使用されます。入浴におすすめの薬膳をご紹介します。一日の終わりにシャワーですまそうではなく、入浴することで様々な効果もありますので、ぜひ38~40度のお湯にお好きな薬膳を入れ15分を目安に湯船につかり、一日の疲れをとってください。

 

お勧め薬膳商品はこちら

陳皮の湯

陳皮の湯(入浴用陳皮)20g×4包

 

桃の葉 桃葉 とうよう モモノハ もものは 刻 50g 薬膳料理 薬膳食材 薬膳茶 薬膳鍋 薬膳スープ

桃の葉 桃葉 とうよう モモノハ もものは 刻 50g 薬膳料理 薬膳食材 薬膳茶 薬膳鍋 薬膳スープ

 

ビワの葉 枇杷葉 びわよう ビワヨウ 枇杷の葉 寸切 50g 薬膳料理 薬膳食材 薬膳茶 薬膳鍋 薬膳スープ

ビワの葉 枇杷葉 びわよう ビワヨウ 枇杷の葉 寸切 50g 薬膳料理 薬膳食材 薬膳茶 薬膳鍋 薬膳スープ