酵素ってどんな働きがあるの?

果物酵素など酵素という言葉をよく耳にします。酵素を摂取するような食生活を心がけているという方に最近お会いしました。「酵素」はよく聞く言葉ですが、そもそも酵素とはどういうものなのでしょうか?今回は「酵素」についてご紹介します。

 

酵素とは

人間の体を構成しているのは、約60兆個の細胞です。その60兆個のひとつひとつの細胞が化学反応を行なっており、その化学反応を行なうために必要なものが「酵素」です。この酵素は大きくわけると「消化酵素」「代謝酵素」の二つにわけることができます。

 

人が生きていくうえで欠かせない酵素

「消化酵素」という言葉を聞いたことがあるかと思います。この「消化酵素」は、私たちが食べたものがこの消化酵素により小さく分解されて、体内に吸収されます。もう一つの酵素である「代謝酵素」は、消化酵素により吸収された栄養素を運んだり、細胞を修復したり、ホルモンバランスの調整、排泄、解毒の代謝などを行なう酵素になります。また、体の中で優先されるのは「消化酵素」です。

 

 酵素は、本来は私たちの体内で作る事が出来る成分ですが、一生涯で作られる量には限度があります。また加齢とともに徐々に作る量が少なくなっていくといわれています。また、一日で消費できる酵素の量も決まっていますので、優先される、消化酵素が多く使われると、代謝酵素に使える酵素が少なくなります。酵素には限度があるために、自分が持っている酵素をなるべく使わずに、外から補給した酵素を使うようにすることが大切で、かつ、美しさをキープできる秘訣です。

 

 

酵素を補給するには

体内で不足しがちな酵素を補給するには、食べ物に含まれる酵素を体の外から補給することが大切です。お肉、お魚、野菜、果物などあらゆる動植物には酵素が存在していますので、これらを食べるといいのですが、実は酵素は熱に弱いために、生で食べることが大切です。野菜や果物には酵素が豊富に含まれていますので、意識的にとっていただくことをおすすめします。

 

また、生野菜や果物に含まれる酵素を、無駄なく効率よく摂取する方法の一つに、すりおろす方法があります。これは、すりおろすことで消化吸収が良くなるだけでなく、酵素を残さず取ることができるといわれています。また、すりおろした食べ物は表面から空気にふれていき、酸化していきますので、なるべく早めに食べる様にして下さい。

アレルギーに注意

酵素をとりいれるために果物や生野菜を食べてくださいとお伝えしましたが、特定の果物や野菜に対してアレルギーがある方は、注意して下さい。果物や野菜を食べて、呼吸が苦しくなった、唇がしびれて腫れたなどの強いアレルギー反応がでる方はもちろんですが、口に入れたときに何となく違和感がある等という場合もアレルギーの可能性がありますので、その際には摂取を控え、すぐに病院に行っていただくようにしてください。花粉症と果物、野菜のアレルギーには相関があるといわれていますので、花粉症の方はお気を付けください。

 

 

酵素を無駄使いしないポイント

酵素は生きていくために必要なものですので、まずは生命の維持に使われ、その残りがそれ以外に使われます。皮膚の代謝などはそれ以外の部分に含まれます。酵素は限度がありますので、無駄使いをすると生命の維持以外の皮膚の代謝などまで酵素が回らず、肌荒れにもつながります。酵素を無駄使いしないためのポイントをお伝えします。

 

食べ過ぎ

たくさんの食べ物を食べるとそれだけ体内酵素が消化に使用されることになり、代謝に酵素を回せなくなります。そのために消化不良や代謝不良を招くことになりますので、腹8分を心がけて下さい。

 

夜更かし・睡眠不足

体内酵素は夜に作られるために、しっかり睡眠をとらない酵素を十分に作ることができません。また、起きているとその間は、エネルギー生成に酵素が使われるために、新陳代謝などの他の部分にまわす酵素の量が少なくなります。夜更かしはせずにしっかり睡眠をとるように心がけて下さい。

 

砂糖の過剰摂取

上白糖など、お菓子作りや料理などに使っている砂糖の主成分はショ糖です。このショ糖はブドウ糖と果糖が結合したもので、消化するためには消化酵素を大量に消費します。洋菓子、和菓子、チョコレートなどのお菓子類の多くには、このショ糖が含まれていますので取りすぎないように心がけて下さい。

 

食品添加物の摂取

インスタントラーメン、コンビニ弁当、お菓子など多数の食べ物に含まれている食品添加物。この食品添加物が体内に入ると酵素の働きを抑制したり、大量に消費してしまいます。食品添加物は様々な食べ物に入っているために、気が付かないうちに摂取してしまうこともあると思いますので、原材料表示をチェックするように心がけて下さい。

 

お酒の量を控えめに

体内に入ったアルコールは 「胃」と「小腸」 にて吸収され、そのまま肝臓に運ばれ処理されますが、肝臓で処理をする際に肝臓にある「アルコール脱水素分解酵素」という酵素が「アセトアルデヒド」と「水素」に分解します。この分解には大量の酵素が必要になるために、お酒を飲めば、飲むほど体内酵素で分解することができなくなるので、その結果大量の酵素の無駄使いが発生してしまいます。また、お酒を飲むとついつい、食べ過ぎてしまったり、深夜までとなってしまい、前述した、食べ過ぎ、夜更かし、睡眠不足までも関連してきますので、お酒を飲む際には控えめにということを心がけて下さい。

 

いつまでも元気でいるためには口にするものに気をつけ体の中から健康であることが大切です。酵素の無駄使いをせずに、食べ物からうまく補給してください。