紫外線対策効果の高い食べ物

暦の上では春を迎えましたがまだまだ2月。寒い日が続いていますが、時折広がる冬の晴れ間には、温かい日差しを感じるようになりました。この晴れ間で気を付けないといけないのが紫外線です。2月といえど、紫外線は降り注いでいます。今の時期から紫外線対策はしっかり行う必要があります。メイク下地には日焼け止め効果があるものを使用するなど、外側からのケアとともに身体の内側からも対策を行なうとより肌を守ることができます。今回は、身体の中からの日焼け対策についてご紹介します。

 

食べ物で紫外線対策

紫外線対策はあくまでも紫外線によってシミやシワなどができることを防ぐための対策です。今日、明日だけで効果が目に見えてわかるものではないのですが、意識して紫外線対策することで長い目で見た際に効果が実感できると思います。紫外線対策に有効な食べ物を意識して摂取し、体の内側からも対策を行なっていきましょう。

 

抗酸化力の高い食べ物

抗酸化作用の高い食べ物は、肌に受ける紫外線からの影響を少なくすると言われています。そもそも、紫外線を浴びると私たちの身体の中で活性酸素が作られ、この活性酸素はメラノサイトを刺激し、シミやシワの原因になります。この活性酸素の働きを抑えることが大切になりますので、抗酸化作用の高い食べ物を意識して食べるようにしましょう。また、抗酸化作用の高い食べ物は活性酸素の働きを抑えるという肌を守るだけではなく、肌にハリや潤いなどを取り戻す効果もあるとも言われています。

 

・リコピン

抗酸化作用は「リコピン」という栄養素の中に含まれ、濃い赤色の野菜や果物にリコピンが含まれていると言われています。

 

リコピンを多く含む食材:トマト、ミニトマト、スイカ、柿、人参、パプリカなど

これらの食べ物を意識して摂取していただきたいのですが、この中でも特にトマトを摂取していただきたいと思いますが、トマトは彩りもきれいなのでサラダなど生のままで食べられることが多いかと思います。生で食べることもよいのですが、トマトに含まれるリコピンは、加熱や加工を行なったほうがより吸収しやすいと言われていますので、紫外線対策には加熱や加工したトマトを食べていただくことをおすすめします。

 

・アントシアニン

ポリフェノールの一種である「アントシアニン」も抗酸化作用を持っており、ビタミンCより安定しているとも言われています。

 

アントシアニンを多く含む食材:ブルーベリー、ビルベリー、紫芋、紫キャベツ、カシス、ブドウ、ナス、赤ジソ、プルーン、など

 

紫外線は肌だけではなく目にも影響を与えると言われています。紫外線などの強い光がもとで引き起こされる目のトラブル回避のためにも摂取をおすすめします。

 

 

・β-カロテン

緑黄色野菜に多く含まれる成分「βカロテン」も抗酸化作用を持っているのが特徴で、摂取すると約30%は小腸で吸収されますが、残りはビタミンAに変換されると言われています。

 

β-カロテンを多く含む食材:人参、ほうれん草、かぼちゃ、ピーマン、さつまいも、スイカなど

 

食べる時間に気を付けていただきたい成分

食べ物の中には、紫外線に過敏に反応し肌にダメージを与えてしまう成分「ソラレン」があります。この成分が含まれる食べ物は、肌にとっては摂取していただきたい食べ物もありますので、摂取しないということではなく食べる時間など注意をしてください。

 

・ソラレン

ソラレンを含む食べ物を食べてから紫外線を浴びてしまうと、シミや色素沈着などの肌にダメージを与えてしまう可能性があります。このソラレンを多く含む食べ物の中には、ビタミンCを多く含む食べ物が多く、肌にとってぜひ摂取していただきたいとよくおすすめされている柑橘系などに含まれています。ビタミンCは様々なところで紹介されているとおり肌にとっては摂取してほしい栄養素でもあります。ビタミンCとソラレンを含む食べ物は食べる時間にだけ気を付けてください。ソラレンの働きは、摂取してから2時間ほどでピークを迎えその後は徐々に衰えていくと言われていますので、ソラレンが含まれている柑橘類などは夕方以降に食べるようにすると、肌に良い食べ物として摂取できます。朝にオレンジやグレープフルーツなどを摂取される方も多いと思いますが、朝ではなく夕方に摂取していただくことをおすすめします。

 

ソラレンを含む食べ物:レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、アセロラ、きゅうり、セロリ、パセリ、シソなど

 

 

紫外線のダメージに対抗するために抗酸化力の高い栄養素をご紹介しましたが、これらの成分を含む食べ物だけを摂取するのではなく、バランスが整っている食事を心がけてください。また、食べ物でケアしているからと外側からのケアを怠ってよいということではありませんので内側、外側のダブルケアで紫外線によるダメージを防ぐようにしましょう。