心と体に優しい食材を全国の食卓にお届け
2022-06-30

暑い夏でも「冷え」に

暑いですね。まだ6月なのに40℃を超す地域もあります。熱中症には十分にお気を付けください。急激な気温の変化になかなか体がついていかず、体調を崩すということもありますので、体調の変化には注意していただき、調子が悪いときは早めに休むようにしてください。熱中症予防の観点からもエアコンの使用を推奨されています。このエアコンの使用で冷房が効きすぎ、体の冷えが気になる方も多いかと思います。冷えは冬だけではなく夏にもあり、この冷えは体の不調など様々な影響を及ぼします。今回は冷えについてご紹介します。

冷えからくる不調

指先が冷たいなど体の冷えを感じる以外にも冷えが招くさまざまな不調があります。例えば、だるさや疲労感、不眠、頭痛、腹痛、食欲不振、むくみ、肩こり、腰痛、便秘、下痢、肌荒れ、抜け毛、肥満、月経不調、イライラを感じやすくなるなどの体の不調がでることがあると言われています。

冷えの原因

男性よりも女性に多いと言われている冷えですが、それは筋肉量によるものです。運動不足により筋肉の衰え、筋肉量が少なくなると、体内で熱を生み出すことが少なくなり、体が冷えやすくなります。また、生活習慣が乱れ、ストレス過多になると自律神経のバランスが乱れることで冷えの原因になると言われています。

冷えが起きる時に体内の様子

冷えを感じる時には、実は体内の血流が悪くなっていると言われています。体が冷えによって血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると血流が悪くなり、血流が滞るようになるために、毛細血管まで温かい血液が流れなくなり、末端である手足が冷えてしまうと言われています。また、私たちの体は冷えを感じるとまずは内臓を温めようとする作用が働くために血液は末端にはいかずに体の中心に集中するようになるため、手足の冷えが慢性化してしまうとも言われています。

また、冷えで血流が悪くなると代謝も低下し、体内の老廃物が流れず、体内に溜まりやすくなり「セルライト」ができることに繋がるとも言われています。冷えの場合は体温も低くなっていますので、体温が下がると、免疫力も低下してしまうと言われています。冷えからくる不調部分で疲労感と記載しましたが、この免疫力低下から繋がっています。免疫力が低下した状態が長く続くと、風邪や様々な生活習慣病、アレルギーなどの病気につながることもあります。

冷えを防ぐ予防方法

今は冷えを感じることがなくても、冷えになる可能性もありますので予防方法をまずお伝えします。筋肉量の減少が原因の一つとお伝えした通り、筋肉量を適度にキープすることが大切です。そのためには適度な運動をしましょう。適度な運動を行なうことによって筋力をつけることで、血行が良くなったり、気持ちがリフレッシュされることによって自律神経を整えたりすることができます。激しい運動ではなく、無理なく続けるウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動、ストレッチがおすすめです。暑い昼間ではなく朝など少し気温が低い時間帯の運動をおすすめします。

また、食生活も大切でバランスのとれた食事をとるようにしましょう。冷たい食べ物や飲み物を摂取すると、体の内側から体をひやすことになり、胃や腸などの内臓に負担をかけることになると言われています。こんなに暑い日が続くとアイスクリームやかき氷、冷茶などの冷たいものを食べたり飲んだりすることも多いかと思いますが、冷たい物の食べ過ぎや飲み過ぎには注意し、なるべく温かい食べ物、飲み物、そして体を冷やさない食べ物を意識して摂取するようにし、体の中からも温めるようにしましょう。

また、一日の最後にはシャワーではなく湯船にしっかりと入るようにしましょう。風呂でお湯につかることで身体を温める事ができます。身体を温める事により代謝が高まり、全身の血流改善に効果的です。決中改善で必要な栄養素が血管の末端まで行き渡るようになります。また、血流改善だけでなくリラックス効果も期待でき自律神経を整える事にもつながっていきます。

冷えと思っていても病気が原因の場合もありますので、長く冷えが続くようであれば一度病院を受診するようにしましょう。明日から7月。これからますます暑くなると、エアコンの使用や冷たいものの摂取がどうしても増えがちになり、冷えを感じることもあるかと思います。冷えは毎日の生活を見直すことで改善できる可能性もありますので、食事、入浴、運動などの生活習慣の改善を意識してみていただき、体の内側と外側のどちらからも温めるようにしましょう。またエアコンは適正温度で使用していただき、冷えすぎないようにするのもポイントです。熱中症にならないように気をつけながら、冷え改善も行なうようにしていきましょう。

冷えを感じるときにおおすめの薬膳茶をご紹介します。紅茶に陳皮と生姜とシナモンを少しだけ加えた薬膳茶。飲みやすく体のなかからぽかぽかします。エアコンの温度調節などができず、寒いなと感じるお部屋にいる時などにぜひ。

関連記事