心と体に優しい食材を全国の食卓にお届け
2022-01-24

山査子 (さんざし) 100g

山査子はバラ科の落葉低木で、たくさんの実がなり、秋になると赤く熟します。その山査子の実をそのまま乾燥させたもので、山査子は漢方の薬膳として薬膳茶や薬膳料理の材料にも使われています。

お届けする商品は、乾燥させた山査子(さんざし)の実を刻んだ刻みの形状でチャック付きのスタンド袋に入っています。

  • 商品名:山査子(さんざし)
  • 原産地:中国
  • 内容量:100g
  • 価格 :2,000円(税込・送料込み)

山査子は、バラ科サンザシ属の落葉低木で中国中南部が原産で日本には江戸時代(1734年)に中国から薬用の樹木として小石川御薬園に持ち込まれたのはじめとされています。中国植物名は野山楂(やさんざ)で中国では、漢名を山樝(さんざ)としたので、音読して和名ができ「山査子」と書かれました。

中国の東北地方は山査子の主要産地であり、ここの山査子は大粒で、栄養分の多いと言われています。 バラ科の落葉性低木である山査子の果実は秋には赤色に熟し、 10月頃の完熟少し前に果実を採取して天日で乾燥します。バラ科の果実ですので、豊かな芳香と上品な酸味がとてもおいしいです。

そのまま食べると酸っぱく感じることから、昔は人気のない果実でしたが、その栄養成分から古くから生薬として漢方にも使われるようになり注目度が高まってきました。中国ではリンゴ飴のように飴で固めたお菓子や、粉にしたものを砂糖で固めた山査子のお菓子がよく食べられています。

山査子酒も中国では有名で日本にある中国料理店でも取り扱われていることが多く食前酒として親しまれ甘酸っぱく、すっきりとした飲み口で、女性に人気のフルーティーなお酒です。

お手軽にお茶としてお召し上がりいただくほか、お料理やお菓子などにもよく使われ山査子に水と砂糖をまぜて煮込み、ジャムなどのようにして使用することもできます。

山査子茶としてお召し上がりいただく場合には、ティーカップに熱湯と山査子をティースプーン1杯程入れ5分ほど蓋をして蒸らしてからお召し上がりください。他のお茶とブレンドしても飲みやすいです。

中国ではドライフルーツやお菓子としてポピュラーである山査子ですが、酢豚のたれにも山査子を入れるそうです。豚の酸味をまろやかにしたり油で揚げた豚肉の脂っこさを消し消化を良くするためだそうです。

山査子は漢方の薬膳として薬膳茶や薬膳料理の材料にも使われています。
当店スタッフの栄養士・和漢薬膳師が作成したレシピもご紹介しています。ぜひ、薬膳茶、薬膳料理、薬膳スイーツの参考にしてください。

  • 商品名:山査子(さんざし)
  • 原産地:中国
  • 内容量:100g
  • 価格 :2,000円(税込・送料込み)

【商品の保管および取り扱い上の注意について】

  • 直射日光を避け、湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
  • 開封後は高温多湿を避けて保存し、お早めにお召し上がりください。
  • 小児の手の届かないところに保管してください。
  • 本品は天産品ですので、吸湿してカビが生えたり、虫がつく恐れもありますので、保管には十分ご注意ください。
  • 品質保持(害虫防止)の為、季節により脱酸素剤が入っている場合がありますので、お召し上がりなきようご注意下さい。
  • 妊娠中の方や、お薬を服用中の方は、事前にお医者様にご相談の上でご利用下さい。
  • 天然品のため夾雑物がある場合がございますが、ご了承の上、取り除いてご利用頂けますようお願い申し上げます。
関連記事